浜松市のリノベーション・リーディングカンパニー

プロモートエンシュウの「リノベ・ブログ」

  • HOME
  • プロモートエンシュウの「リノベ・ブログ」

浜松市南区増楽町 リノベーション物件 入居者募集のお知らせ

 

いつもSTAFFブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
浜松市南区増楽町のグランリノ(一棟丸ごとリノベーション)物件

「Re Luffy」(リ・ルフィ)入居者募集のお知らせです。

 

今回募集するのは3階1LDKタイプのお部屋。

 

ReLuffy

 

こちらのタイプは土間と無垢材が美しい1LDKタイプ。

 

南側にベランダ、北側にも設けられた窓で採光はもちろん、

風の通りを計算。南北の窓を開ければ風が通るこの贅沢。

 

ReLuffy

 

この住み心地は暮らしてみないと判らない、伝わらない所が

もどかしい所です。

 

そして現在の賃貸物件には無い開放感あるオープンなベランダ!

 

ReLuffy

 

土間スペースとの仕切りは襖(ふすま)もあり、来客や使い方に

合わせて開閉する事で違った表情を見せます。

 

ReLuffy

 

賃貸マンションとして築年数は経っていますが、私たちの

リノ―べーションでは

 

「リノベーション後も長く使い続け、住み続けられること」

 

を目的としていますので、水回りは新しいものに変更されています。

 

ReLuffy

 

「リノベーション物件」と聞きますと、某TVショーの影響もあり、

「斬新な間取り」や「奇抜なデザイン」の様なイメージを持たれる

方もいらっしゃるかもしれませんが、賃貸物件のリノベーション

本来の目的は

 

「住居としての機能性の向上、住み心地、暮らしやすさの向上、アップデート」

 

と私たちは考えています。

 

ReLuffy

 

 

このRe Luffyはペット可、事務所や小規模店舗のご利用も可能です。

 

現在、ヨガクラスとしてこちらのマンションにご入居いただいて

おります入居者様をご紹介した以前の記事はこちらです。

 

【平成27年8月上旬入居可能】

 

【建物名】Re Luffy(リ・ルフィ)  ※物件のご紹介ページはこちら

 

【所在地】浜松市南区増楽町

 

【交通】遠鉄バス 

 

【賃貸条件】敷金2ヵ月・礼金1ヵ月

 

【家賃】68,000円

 

【共益費】込

 

【駐車場】1台付

 

【構造】鉄筋コンクリート造4階建3階部分

 

【面積】42.31㎡

 

【火災保険】要加入

 

【設備】TVインターホン、追焚機能、温水洗浄便座、インターネット無料、エアコン1基

 

201508127

 

 

お問合せはフォームまたは、プロモートエンシュウ賃貸課までお問合せください。

 

, , , , , , ,

静岡県住宅供給公社様主催のセミナーに講師として参加いたしました。

 

 

2015年7月24日(金)静岡中央ビルにて静岡県住宅供給公社様

主催のセミナーに弊社代表取締役社長の髙橋が講師として

お話しさせていただきました。

 

 

 

静岡県東部、西部に続きの賃貸住宅所有のオーナー様を対象に、

今後賃貸住宅を運営するのにあたりまして、どのような問題や

対策が必要かについてお話しをさせていただきました。

 

セミナー後「判りやすくて良かった」とのお声をいただき

お役に立てましたようで本当に良かったです。

 

本日ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

 

, ,

「建物の安全性と耐震性能について」の社内勉強会を行いました。

 

 

いつもSTAFFブログをご覧いただきありがとうございます。

 

5月下旬「株式会社プロモートエンシュウが提供する建物の

安全性と耐震性能について」と題して有限会社 西井構造設計事務所

西井 裕敏先生に講師を務めていただき勉強会を行いました。

 

勉強会

 

西井先生をはじめ西井構造設計事務所の皆様には賃貸マンション

の一棟丸ごとリノベーション「グランリノ」を行う際の構造上の

安全性、耐震性の確認にご協力いただいております。

 

リノベーション・新築マンションいずれも安全性、そして耐震性能の

確認は欠かせません。

 

弊社の安全性の検査についてはこちらの過去記事をご覧ください。

 

株式会社プロモートエンシュウでは、今後リリース予定の賃貸商品、

建築予定の賃貸マンション等では西井構造設計事務所様のご協力

の元、さらなる耐震性能のアップを予定しております。

, , , , ,

工事する為の検査?

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます。本日ヤフーニュースに、

この様なニュースが掲載されておりました。

 

 

「屋根腐ってる」実は不要リフォーム 初の業務停止命令

 

       201506121

 

 

 

今回の報道では、検査を行った所「雨漏りで屋根が腐っている」等

不安を煽り不要な工事を契約させていたとの事です。またこの記事では

 

「リフォームをめぐるトラブルは全国で増えており13年度に国民生活

センターに寄せられた相談件数は7,291件にのぼる。」

 

と掲載されていました。

 

 

リフォームと同じように誤解されがちなリノベーション(弊社ではリフォーム

ではなくリノベーションと表記しています。)施工ですが、私たちプロモート

エンシュウではまず「建物検査」を行います。

 

賃貸マンション等のリノベーション(リフォーム)などのご相談をいただいた

場合に弊社がまず最初に行う事は「建物の安全性」の確認です。その多くは

建築から20年、30年経つ建物です。

 

一級建築士による構造の検査と確認

 

一級建築士を含む確認

一級建築士がしっかりと確認します。

 

 

■建物の中に張り巡らされた給排水管の調査

 

給排水管調査

 

内視鏡カメラでも撮影

 

 

■躯体コンクリートの一部をくり抜き「コンクリート強度試験及び中性化試験」

 

構造上問題ない場所からサンプルを取ります。

 

コンクリートの劣化状況を調査します。

 

 

 

こうして第三者機関を含めた正確で信頼性の高い検査を行い、写真や

書面でしっかりと記録したうえでオーナー様にお渡しご説明いたします。

 

ですから、口頭で「○○が傷んでいるから工事しましょう」という様ないい

加減な調査報告はそもそも出来ません。

 

こうした一連の建物の調査は人間の身体と同じです。外見上、化粧や

洋服できれい見えても血管や内臓、骨格に問題があっては健康的な

生活は維持できません。その為に外見上ではなく、専門家によるしっかり

とした検査が必要です。

 

「工事をさせたいから検査し不具合を見つけるのだろう?」

 

そのようなご意見をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

 

弊社では、まず建物の状態を確認し、その結果によって何も工事を

行わなくても良い場合は当然その様にお伝えします。

 

また、検査結果が安全性を確認できない場合にはリノベーション

ではなく、建て替え等をご提案する場合もあります。

 

静岡県は過去100年~150年の頻度で起こっている東海地震、

県西部は千年に一度と言われる三連動地震の危険性が懸念

されており、他に比べ建物の安全性、耐震基準に厳しい地域です。

 

そうした厳しい安全性、耐震基準に準じて行わなければなりませんので

賃貸マンションのリべーションを行う際には耐震性や安全性、そして

耐用年数を明確にした「安全宣言」を行ってからリノベーション工事

行います。

 

リノベーション後の安全性についての報告書1

リノベーション後の安全性についての報告書1

 

リノベーション後の安全性についての報告書2

 

 

また弊社では「リノベーション住宅推進協議会」に正会員として所属して

おり、この評議会は国土交通省「住宅リフォーム事業者団体登録制度

(2014年国土交通省告示第877号)」の住宅リフォーム事業者団体として

登録されています。

 

【住宅リフォーム事業者団体登録制度とは】

 

住宅リフォーム事業者団体登録制度は、住宅リフォーム事業者の業務の

適正な運営の確保及び消費者への情報提供等を行うなど、一定の要件を

満たす住宅リフォーム事業者の団体を国が登録する制度です。住宅リフ

ォーム事業の健全な発達及び消費者が安心してリフォーム事業者の選定

等リフォームを行うことができる環境の整備を図り、消費者の利益の保護、

リフォーム事業者の資質向上を目的としています。 

詳しくは国土交通省ホームページをご覧ください。

 

 

弊社ではこうした団体に所属し、しっかりとした研修、コンプライアンスの

順守、責任を持つ事で静岡県西部、浜松市のリノベーションのリーディング

カンパニーとして「リノベーション事業」に取り組んでおります。

 

, , , , ,

賃貸マンションに○○なんて必要ない?

 

賃貸マンションと分譲マンションは同じ鉄筋コンクリート製の建物ですが、

 

構造や耐震性、遮音性、設備など大きな違いがあります。

 

そして外見上として大きな違いは外構部分、特に植栽ではないでしょうか。

 

敷地内の「緑」の有無です。

 

 

もちろん分譲マンションだからと言って必ずしも多くの植栽があるわけでは

ありませんが、そうした緑や外構を魅力としているマンションも近年特に多く

見かけます。

 

また、分譲マンション以外でも公営賃貸住宅では敷地内に多くの植栽が

施されています。

 

弊社が昨年取得し管理をしている浜松駅南団地も、元々URの所有でしたの

で建物の大きさもさる事ながら、敷地内には多くの緑が施されています。

 

浜松駅南団地

 

浜松市を見ると町の中の緑は多く身近にたくさんある様に感じますが、

実は他の政令指定都市に比べ非常に少ないのが現状です。

 

201501223

 

※広報はままつより

 
市全体の緑被率は政令指定都市の中でもトップクラスですが、人口の集中

している「市街化区域」の緑被率は政令指定都市の中でもワースト2位、

神戸市の半分弱という結果です。市全体の緑被率をあげているのは恐らく

天竜区の山々のお蔭でなはいのでしょうか。

 

※緑被率とは、樹林、草地、農地、園地など、緑で覆われている土地の面積割合。

 

 

確かに東京や神奈川など大きな公園や緑が配置された町づくりが行われて

います。浜松市の緑がある大きな公園を思い浮かべてみると…

 

遠州灘海浜公園、可美公園

 

浜松城公園、和地山公園、四ツ池公園

 

佐鳴湖公園、都田総合公園

 

 

などでしょうか。たくさんあるようで、その面積の大きさに対して少ないですね。

 

では、こうした緑が少ないとされる町の中で、マンションの敷地内に緑が

あるとどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

・四季を感じられる。

 

・自然の音や匂いを楽しめる。

 

・子供の教育に良い。

 

など主に「居住性の向上」や「町の景観の向上」があげられます。

 

反対にデメリットとしては

 

・維持管理費がかかる。

 

・カラスや蜂の巣、蚊や虫などによる害。

 

 
最も大きいデメリットは維持する手間と費用ではないでしょうか。

 

特に分譲マンションと違い賃貸マンションに植栽までする必要があるのか

お考えのオーナーさんもいらっしゃるでしょう。

 

しかし賃貸マンションに植栽を施すことは、入居者さんにとっては「居住性の向上」

繋がり居心地の良い住まいとなります。

 

人の生活と自然は切っても切り離せません。オープンカフェやテラス席が人気なのは

皆さんもご存じでしょう。そうした施設はなぜ人気なのでしょうか。

 

室内設備は年月が経てば古くなり老朽化してしまいます。また流行にも左右されて

その価値は年々減少していきます。

 

それに対して緑は年月を重ねることで魅力となり、やがて建物のシンボルツリーと

なります。

 

私たちはリノベーションを行う際に少しでも植栽を増やすようにしています。

コンクリートだけだった敷地に緑が増える事で居住性の向上が入居率の

アップへと繋がります。

 

その緑が与える影響はマンションの住民だけでなく近隣や町の人の心も

豊かにしていきます。

 

賃貸マンションでも、手入れされた美しい植栽は結果的に建物の資産価値だけ

でなく町の価値をもあげるのです。町の人気が上がれば人が集まり、入居する人も

増えるでしょう。

 

賃貸マンションをお持ちのオーナー様は、植栽なんて必要ない、そう思わず

資産価値をあげる「緑」について、ぜひご検討いただけましたらと思います。

 

, ,

プロモートエンシュウへのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
053-543-9000
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
株式会社プロモートエンシュウ
〒432-8021 静岡県浜松市中区佐鳴台5丁目23番14号 [ アクセスマップ ]
Tel. 053-543-9000 / Fax. 053-543-9501

Copyright © 株式会社プロモートエンシュウ .All Rights Reserved.